マスノスケ釣紀行フライの道具釣りの音楽サッカー不定期日記マスノ広場

フライの道具について
一般に、カネのかかる趣味だからっていって、儲かることは無いす。あくまでも趣味なので出ていく一方す。
でもまた買っちゃうっちゅうのは、それだけ魅力的なんすね。
給料日の仕事帰りにピカピカのリールを調達し、家族にばれないようカバンに仕舞い込んで帰宅し、皆が寝静まってからおもむろに開梱のうえ舐めるように見惚れる。こんな侘しいような嬉しいような経験はありませんか?
専ら、カネと威厳がおありの方々には、到底ご理解いただくことは不可能であろうと察しますが、わがマスノスケメンバー一同、悲しいサラリーフライマンなのです・・・。
なんでもそうですが、やりようによってはスコブル金をかけることもできますし、スコブルリーズナブルに抑えることもできます。ここでは、フライの道具の賢い、というか、損しないマスノスケ的な揃え方について紹介します。
竿
しょっぱなから恐縮ですが、コイツに限っては残念ながらカネをかけなければなりません。
この釣りをこの釣りたらしめるフライキャスティングを学ぶ上で、スコブル重要なアイテムです。
出来の悪い竿を買ってしまうと、いずれ買い替えるハメになるのはもちろん、へなちょこキャスターへの道へ迷い込んだりと、それはそれは恐ろしい事態に陥りますよ。
いやー怖いす。ですから、コイツには当初からできるだけカネをかけましょう。といっても、高けりゃいいちゅうもんじゃありませんが、ズバリ5万円以上使いましょう。
で、選び方だけど、できるかぎり多くのプロショップに出向いて、店主と話し合いましょう。その際、決して知ったかぶってはイケマセン。また、感じの悪い店主だったとしても、情報を得るまで耐えなければなりません。
店主と話すときは、「どこで何を釣りたいか」だけ言い、お店を渡り歩く中で得た知識はとりあえず捨てて、どのお店でも必ず同じ質問をぶつけましょう。そんでもって、いろんな店主の回答とアドバイスを比較検討し、もっとも納得がいった店主のお店で一本選びましょう。でもまだ買ってはイケマセン。
今度はその選んだ一本についてどう思うかを、もう一度いろんな店主の元へ行き訊ねまくりましょう。自分の店の竿を買ってほしい店主たちが、アナタが選んだ竿をどう料理するか見定めてから、最終決定を下してください。
リール
重さとか、製造方法とか、ドラグ性能とか、気密性とか、いろいろありますけど、よほど大きな魚を相手にしない限りにおいては、ズバリなんでもいいっす。
見た目の好みで選んで問題ないす。
ただ、スプールとパームの間にラインを挟みこんでしまうようなものはやめたがいいす。
ウェーダー
釣行頻度にもよるけど、これってけっこうカネかかるんだよね。
あんましボロイやつだと、夏は暑い!むちゃくちゃ暑い!。
だから、透湿素材でできたヤツがいい。するとちょっとお高くなるんだよね。
釣りに集中したいなら、高価だけどあきらめてゴアテックスのヤツにしよう。
ウェーディングシューズ
安いに限るよね。消耗品以外の何者でもないし、これがまたすぐダメになっちゃうのよ。川の中を一日中歩くんだからスコブル消耗して当然ちゃー当然。
以前はイイ靴履いてたからフェルトを張り替えたりして使ってたけど、フェルトも結構高いし、イイ靴だからって長持ちするとは限らない。だから、できるだけ安いヤツを探して使ってます。
日本製がピッタリきていいよー。
ベスト

なんでもいいね。これは。
ちなみにパタゴニアのヤツがいいよ。

ライン
ちょっと前までは、少数の会社がそこそこの種類のラインをもって支配的に販売してましたが、最近ではいろんなメーカーが様々なラインをこれでもか的に開発し、発売するようになってきました。
とはいっても、3M社のOEMが大半らしいですけどね。
ラインを選ぶ基準はテーパー形状、浮力、番手、そして重さとなります。これらの基準に合致したラインを見つけましょうね。

リーダー
これもまた、たっくさんあるんだよね最近。
こんだけいろんな種類があると、フライや使用環境に応じて細かく使い分けることが可能。
でも、それじゃとても面倒くさい。
で、マスノスケといたしましては、一般渓流はズバリマキシマ!大物ならバリバス!をオススメ。
フック
ポイントが鋭く強くて、ドレッシングしたときにカッコイイヤツがいいす。
マスノスケのオススメはダイイチ。
特にゴースト系のフックはカッコイイったらありゃしない!
ご購入とご利用にあたっては、収支バランスに注意し、ご家族への充分すぎるご配慮を・・・。

About us | Contact us | (c)2005 fly fishing club MASUNOSUKE, all rights reserved.